伝統の技 日の芸術 元祖 阿波花火  
佐賀火工株式会社

プライベト花火 会社概要 仕事の依頼 伝統の技 阿波花火 花火掲示板

小松島の花火
 蜂須賀家政が、阿波藩主(徳島県)として三河から阿波へのお話はさて置き、小松島は昔、軍用火術より派生した庶民の花火が育つに好条件の士地であったようです。
 阿波藩の軍備を支える火薬庫として、勝浦川から那賀川の一部の流域に分散して火薬製造の秘法が伝えられておりましたが、軍用火術だけしか残らなかった所が多い中で、一番まとまって数多く火術より花火へという平和産業に進んでまいりました。
 私達の先祖は、神に祈り、神の意志に逆らわないことで豊作を約束されるという考えを持っており、神に祈る時は火をもって清め、清浄な心と体で誠意を示すことが条件とされ、素朴な神に対するうやまいが祭りの原点となり、奉納花火が出来たと考えます。
 立江の八幡さん、中田の八幡さん、田野の天王さん等に奉納する花火として徳島県下に知られる行事も藩政政時代の吹筒の技法が秘法として代々伝えられ、若い村の衆が山にこもり調合した吹筒花火の成果を競い、花火の火の粉の中で舞い歌った。これらの青年が花火製造の予備軍的な役を果たしてまいりましたが、昭和三十年代に法の改正があり、最盛期には臨時列車も出して夜を徹して行われた立江の花火も、最近は細々と業者による奉納花火と変わってまいりました。
 これに反して夏の納涼的な花火大会が盛んになりました。徳島県小松島港の港まつり、更に沖神社の祭典花火、横須の戎神社の奉納花火と、一市単位でこれほどいろいろな花火大会が行われるというのも昔からの花火処というほかはありません。製造としても西日本では一番の産地であり、製品は四国四県から西日本一円にかけて各地のイベント等に 活躍しておりまず。
 最近では外国からも引き合いがあり、徳島県小松島市の花火が世界の空で花開くたのしさを思います。また、徳島県の観光イベントとして、小松島市で、ぜひ花火大会を開催できないものかと話し合っております。
 さらに、交通網が整備完成されれば、もう一段の飛躍も夢ではないところまで成長しており、これも 昔からの花火好きの土地ゆえのたまものであると感謝いたしております。(佐賀裕)
プロポーズ花火 My花火 サプライズ花火
会社概要 佐賀火工株式会社について
仕事のご依頼について お気軽にご相談下さい
伝統の技 受け継がれる阿波花火
阿波花火 阿波花火について
新着情報 お知らせ
リンク リンク集
   

お問い合せ サイトのご利用について 個人情報の取り扱いについて

当ページはリンクフリーです。リンクはこのページにお願いします。佐賀火工 バナー リンクフリー 佐賀火工株式会社公式ホームページ